保湿効果に不満がある40代女性のための年齢肌用スキンケア



年齢肌用化粧品の保湿効果に、不満を感じていませんか?
そして、「ハリ」や「弾力」は保湿が効果的だとも思っていませんか?
つまり、保湿しても「ハリ」や「弾力」が戻らないとお悩みなんじゃないでしょうか?
ここでは、そんな40代女性のための年齢肌用スキンケアについてご紹介していきます。



40代女性のお肌で気になる症状と言えば、なんといっても潤いの低下です。
潤いが失われていくと、「ハリ」や「弾力」も徐々になくなっていきます。
加齢とともに「ハリ」や「弾力」が失われていく原因は水分量の低下も一因なので、保湿は必ずしも間違ったスキンケアとは言えません。

ただし、保湿だけでは効果に満足できない可能性も…。
肝心なのは、「ハリ」や「弾力」の元となる成分の補給です。

今のスキンケアで保湿効果に不満を感じているなら、「ハリ」や「弾力」の元となる成分を補給できていないのが原因かもしれません。
もしも「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」などが配合された美容液で保湿しているのにハリや弾力の実感がないなら、卵殻膜美容液がオススメです。


卵殻膜美容液 ビューティーオープナー



<「ハリ」や「弾力」の元となる成分を配合>
※卵殻膜エキス95%配合の美容液







保湿しているのにハリや弾力が戻らない…


肌の悩み



40代でも保湿すれば「ハリ」や「弾力」が戻ると思いがちですが、大人の女性には正直ちょっと厳しいかもしれません。
というのも、保湿だけではハリや弾力の元となっている成分を補給できないからです。

年齢肌用のスキンケアではついつい美肌に良さそうな美容成分で選んでしまいがちですが、40代の大人の女性に必要なエイジングケアはむしろ、不足成分の補給です。
残念ながら保湿だけでは、お肌のモッチリ感を取り戻せないのが40代女性の悲しい現実です。

では、「ハリ」や「弾力」の元となっていて、40代女性に不足している成分とは何か?

それは、コラーゲンです。
ただ、コラーゲンが配合された美容液を使っているのに効果に不満を感じている40代の女性も多いかもしれません。
なぜなら、美容液に配合されているコラーゲンは単なる保湿成分に過ぎないので、それ以上の効果は期待できないからです。

そこでおすすめなのが、V型コラーゲンです。
V型コラーゲンとは赤ちゃんの肌に最も多く含まれているコラーゲンで、ぷるんぷるんのもっちり肌を作っている成分です。

V型コラーゲンは25歳をピークに減少に転じますが、もしも補給できるなら40代女性の肌にも「ハリ」や「弾力」が甦ります。
そしてV型コラーゲンを効率よく補給できる素材が、卵殻膜なんです。

卵殻膜 効果



卵殻膜とは、卵の殻と白身の間にある薄皮で、18種類のアミノ酸とV型コラーゲン、ヒアルロン酸などで構成されています。
また、人の髪や肌に非常に近いタンパク質が主成分なので、安全性が高く馴染みやすい素材として注目されています。


ビューティーオープナー



<30代からの悩み肌に圧倒的な人気>
ビューティーオープナーを試す
※卵殻膜エキス95%配合の美容液




保湿効果について


保湿効果に着目した年齢肌用のスキンケアはたくさん販売されていますが、不満を感じている40代女性が多いのも事実でしょう。
原因は、保湿だけでは「ハリ」や「弾力」が戻らないことと、その元となるV型コラーゲンを補給できないからです。

そこでここでは、保湿美容液によく配合されている「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」といった成分の効果について、改めて確認しておきたいと思います。

セラミドの保湿効果


セラミドは肌の一番表面の「角質層」に存在している成分で、「最強の保湿成分」と呼ばれています。
細胞同士の隙間を満たすだけでなく、水分をサンドイッチ状に挟みこんで肌のうるおいをキープしたり、バリア機能の主役を担っています。
例えるなら、「貯蔵庫兼防御壁」のような存在です。

そのため、セラミドの不足は乾燥やバリア機能の低下を意味します。
穴の空いたバケツでは水は溜まりませんし、外部からの刺激も遮断できません。

セラミドは30歳を超えると大幅に減少し、50歳になると20代の約半分にまで減ってしまいます。
年齢肌用のスキンケアでは保湿が何より重要ですが、セラミドの効果を考えると、水を入れる前にバケツの準備
が必要なのだと分かります。

その方法は簡単で、バケツ(セラミド)は美容液から簡単に補給できます。
なぜならセラミドは、化粧品の成分が浸透しやすい「角質層」に存在しているからです。
お肌の保湿力を高めるなら、セラミド配合の美容液は40代の女性にも効果的です。


ヒアルロン酸の保湿効果


ヒアルロン酸は真皮に存在している成分で、抜群の保湿力で肌の潤いに効果を発揮します。
1グラムで6リットルもの水分を蓄えられる成分で、肌の水分保持に役立ち、乾燥を緩和する機能を持っています。
セラミドがバケツなら、ヒアルロン酸は水風船といった感じでしょうか?

ただしヒアルロン酸も加齢とともに減少していくので、40代にもなると肌が乾燥しやすくなり、「シワ」「たるみ」「シミ」といった肌トラブルの原因になります。
ヒアルロン酸は20代前半をピークに加齢とともに体内で生成されにくくなり、30代半ばを過ぎた頃から不足しがちとなり、40代後半には激減するからです。
そのため、40代女性の年齢肌のスキンケアにはヒアルロン酸の補給が大変有効ですが、実はそう簡単な話ではありません。

なぜならヒアルロン酸は分子が大きすぎるので、美容液の塗布では肌の奥まで浸透できないからです。
そればかりか体内にも蓄積されないので、食べ物からも効率的な摂取ができません。

ヒアルロン酸配合の美容液も見かけますが、その性質上、年齢肌用のスキンケアとしては不満を感じても不思議ではありません。
そこでよく見かけるのが、ヒアルロン酸注射です。
ただし、手軽なスキンケアではないのでハードルは高めです。
もしも充分な量のヒアルロン酸を手軽に摂取するなら、サプリでの補給が最善の方法です。


コラーゲンの保湿効果


コラーゲンは体中のあらゆる組織に存在する成分で、細胞同士をつなげて枠組みを保つ役割をしています。
簡単に言えば、接着剤とクッションのような働きをしています。

そしてスキンケアの面から言えば、コラーゲンは肌の「ハリ」や「弾力」を作っています。
真皮層に網の目状に張り巡らされていて、同じく真皮層に存在するヒアルロン酸やエラスチンといった潤い成分を、内側から支えるクッションの役割を果たしています。

そしてコラーゲン生成のピークは25歳と言われ、その後は減少していきます。
40歳では約1/2、60歳で約1/3になると言われています。

つまり加齢とともに肌の「ハリ」や「弾力」がなくなっていくのはコラーゲンの減少が直接的な原因で、保湿だけでは解決しません。

また、コラーゲンが配合された美容液も数多く販売されていますが、実は肌内部にあるコラーゲンと化粧品に配合されているコラーゲンは別物なんです。
化粧品に配合されているコラーゲンは主に保湿成分として働くので肌に潤いを与えますが、「ハリ」や「弾力」を取り戻すには至らないのが現実です。

そもそも肌に存在するコラーゲンは真皮層にあり、美容液の塗布で角質層を通り越しての浸透は不可能です。
つまり美容液からでは、真皮層と同じ性質を持つコラーゲンの補給はできないんです。
コラーゲン配合美容液の役割は、あくまでも保湿に過ぎません。


美容成分について


美容液には様々な成分が配合されていますが、知名度や話題性だけで選んではいませんか?
スキンケアの効果に不満を感じないためにも、何を選ぶべきなのか美容成分について改めて確認しておきましょう。


卵殻膜の効果


赤ちゃんと卵



卵殻膜とは卵の殻と白身の間にある薄い膜で、18種類のアミノ酸V型コラーゲンヒアルロン酸などで構成されています。
美容成分としてはルーキーで、21世紀の新素材のひとつに数えられています。

中でも注目なのが、V型コラーゲン。
赤ちゃんの肌がぷるんぷるんで柔らかいのはV型コラーゲンがたっぷり含まれているからなんですが、実は卵殻膜にも含まれているんです。

ヒトのV型コラーゲンは25歳を境に大幅に減少しますが、卵殻膜が配合された美容液なら加齢とともに弱くなった「ハリ」や「弾力」を与えられます。


つまり卵殻膜美容液こそが、40代女性の年齢肌用スキンケアとしては最適なのではないかと期待できます。


そしてV型コラーゲンは食材やサプリからは摂取できないので、現状では卵殻膜美容液でしか補給できません。
また、ほかにも美肌成分のシスチンが多いなど、注目度が高い美容成分です。

食品に含まれるシスチンの量




プランセンタの効果


プラセンタとは哺乳動物の胎盤を意味し、胎盤から抽出したものをプラセンタエキスといいます。
美容液に配合されているのは、正確にはプラセンタエキスです。

プラセンタエキスには実に多くの栄養素が含まれているので、プラセンタエキスが配合された美容液で期待できる効果は「保湿」「美白」「抗炎症」「抗酸化」など、多岐にわたります。
ただし、「ハリ」や「弾力」を取り戻す効果は期待できません。


フルーツ酵母発酵液の効果


精製水の代わりに、フルーツ酵母発酵液を使って作られた基礎化粧品が販売されています。
フルーツ酵母発酵液とはその名の通り、果物を発酵させて作られています。

フルーツ酵母発酵液は特許を取得していて、「ヒアルロン酸産生増強効果」「肌荒れ改善効果」「細胞増殖効果」「保湿作用」が実験で証明されています。

美容成分とは少しニュアンスが違いますが、40代女性の年齢肌用スキンケアとしては、試してみる価値はありそうです。


プロテオグリカンの効果


プロテオグリカンは、ヒトの皮膚や軟骨の中に存在しています。
関節のクッションの役割も果たしていますが、皮膚の中ではコラーゲンやヒアルロン酸などの間を埋めて肌の潤いやハリを保つなど、大切な成分です。

美容効果としては、「ヒアルロン酸の1.3倍の高い保水力」「高い浸透率」「乾燥しにくい」「コラーゲンとヒアルロン酸の生成促進」などが挙げられます。

ただし、20代後半から急激に減少し始め、70代では20代の1/6にまで減少すると報告されています。
仮にプロテオグリカンを補給できれば、保湿効果をはじめ、ハリや弾力を与える効果も同時に期待できます。
摂取方法は簡単で、サプリや美容液の塗布で可能です。
40代女性の年齢肌用スキンケアとしては、候補のひとつです。


年齢とともに保湿効果が低下するわけ


女性の衰えは7の倍数で進行する、などと言われています。
「シミ」「シワ」「たるみ」「くすみ」が目立ち始めた時期と、一致するのではないでしょうか?

加齢とともに目立ち始めた肌トラブル対策では、保湿が何より重要です。
なぜなら、「シミ」「シワ」「たるみ」「くすみ」などの肌トラブルの原因は、乾燥だからです。

ただし、もしも仮に30代半ばや40代になっても、20代の頃と同じような保湿ケアをしていては、充分な効果は期待できません。
というのも、加齢とともに保湿力は低下する運命だからです。

ヒトの体内には、「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「プロテオグリカン」など、保水力を持った成分が存在します。

年齢とともに保湿効果が低下していく原因は、これらの成分が体内から減っていくからです。
自然に作られていた成分が作られなくなるなら、外部から補給しなければ保湿効果は落ちる一方です。

だからこそ40代の女性には、40代に適した年齢肌用のスキンケアが必須となります。


保湿効果に不満がある40代女性には卵殻膜美容液がおすすめ


40代女性が保湿効果に不満を感じる原因と対策について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
最後にここで、まとめておきます。


  1. 保水能力は加齢とともに自然に低下
  2. セラミドやヒアルロン酸はあくまでも水分の入れ物
  3. 「ハリ」や「弾力」の元はコラーゲン
  4. 美容液のコラーゲンは基本的に保湿成分
  5. 赤ちゃんの肌に多く含まれるV型コラーゲンに注目
  6. V型コラーゲンは卵殻膜から補給できる



そこでおすすめな美容液が、卵殻膜が95%も配合されたビューティーオープナーです。
V型コラーゲンだけでなく、美肌成分として注目のシスチンも同時に補給できます。
ビューティーオープナーは、年齢肌にハリや弾力だけでなく、透明感も与えて同時にキメも整える美容液です。

ビューティーオープナー



<洗顔後にすぐ塗るだけで速効浸透!>
※今ならお試し実感3点セットで1,980円